L旧居

子どもスペースの新しい収納「ウッドラック」

ちょっと前の記事で、片付けたら買う!と言っていたウッドラック。
ポイントが付くうちにと思って、買ってしまった・・・・・・
たくさん考えたけど、ウッドラック以上にいい物や方法が思いつかなかったの。

先日記事にも書いたけど、大物家具だと移動や引越しなども大変だし、何より家のインテリアが統一されていない現在、大物家具を入れたらその家具に今後あわせていかなければならなくなるので・・・・
e0292987_1032451.jpg


こういうのも考えたけどね。小さいのと、使わなくなった時のコンパクト性を考えるとやっぱり組み立てタイプの方がいいしね。

靴箱のようなすのこDIYも考えていたけど、子どもが使うもの(この場合上ることも想定)なので強度重視。
棚板1枚につき耐加重20kgなのがすごい。
e0292987_10332433.jpg
これね。

でも、買ったのは4台(笑

いやね、欲しかったのは2台に棚板を5枚追加して、連結しようと思ったのに、決算時に気づいたの。

本体価格4280円。棚板1780円。

本体2台(8560円)+棚板5枚(8900円)=17460円
本体4台(必要数よりフレーム4本(1本1281円)と棚板1枚(1780円)多い)=17120円

4台買った方が安い?!むしろ、6904円お得?!ということに気づきまして・・・・なら4台買うよ??

いくら「余計なものは家に入れない」とは言っても、価格はもとより、いずれ子どもや私たちが分解して別々の場所で使うようになったとき、棚が分かれていろいろな場所で使えるのならそれに越したことはない。。

かなり矛盾しているけどね・・・・(笑)
というわけで、フレーム4本はしまっておくとして~

早速設置してみました。
e0292987_1032539.jpg
キッチンや本棚を実際に置きながらぴったりになるように棚板を調整。

うんうん、ナチュラルで、いい感じです^^
これ、無塗装なのかな?????ニスなど縫ってなさそうだから、飽きたり子どもがクレヨンとかで汚してもオイルステインで塗れそう!

汚れたり飽きたら、最悪ニス全部剥ぐことも考えていたからラッキー!
その分若干ささくれみたいなのが見られますけど、けがするほどでもないし、実際素手で組み立てましたがとげなど刺さらなかったです。

無印と悩んだけど、やっぱり細かく棚板の調整ができるのが都合がいい~~
おもちゃに合わせて調整できますからね!

組み立て中からよじ登って遊ぶ息子1号・・・・耐荷重20kgの棚板で本当によかった。


計算外だったのは・・・・・
1つの棚に棚板4枚使うつもりだったのだけど、キッチンの部分(真ん中設置予定)が意外に余白が必要だったり、子ども本棚(左に設置予定)のことを全く考えてなかった結果、棚板が想像以上に余る結果に(笑

本当にA型か?!?って自分でも突っ込みたくなる・・・
これなら最初から3セット購入でよかったじゃんってね・・・・・・・く、悔しい・・・><

1つ以上余った棚、、、、どうしようかなぁ(笑

**********************


さぁ今日は息子2号の1か月検診です。
娘は眼科にパパと行って、今日は我が家、病院デーです。
私も床上げです。まぁ、1か月安静にしてたのは最初の2週間くらいだったけど・・・・(笑

午後は家庭訪問だし、あさっては親子遠足だし、買い出しもいかなきゃで忙しい!!
でもいい天気で気持ちいい~~
いってきまーす!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ子ども服ブログランキングに参加しています!1クリックが励みになります~~!^^

[PR]
Commented at 2014-12-02 10:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kyoukore at 2014-12-04 11:16
キャンディさん、初めまして。
お返事が遅くなってしまってすみません!
無塗装のウッドラック、なかなかないですものね。
これは「アイリスオーヤマ ウッドラック」で検索をかけると出てきます。私は楽天で買いました。
高さも幅が狭いものから、大きいものなど色々あるようです。
ただ、板は支えの木に細い針金と、ボンドで留めてあるような、少し頼りのないところはあるようです。
今日更新予定の記事で、このウッドラックを一部解体してランドセル用のラックを制作した記事をアップします。木材の写真など載せますので、実物購入前の参考にしてください。
結構薄めの板ですが、耐荷重は20kgとあるので、16kgのい息子が乗っても壊れなかったので、大丈夫だと思いますが。
参考になれば幸いです。素敵な食器棚ができますように^^
by kyoukore | 2013-04-16 10:37 |   L旧居 | Comments(2)

モノが少ないと暮らしやすい。今は少しずつモノを見極めて減らしているところです。時短家事や収納など暮らし全般に関することを考えるのも好きです。「aiguille」の作家名で子供服などの製作もしています。


by aya