L トップス

filer「ゆるブラウス バルーンスリーブオプション」

e0292987_2263942.jpg


パターン:filer(ゆるブラウス バルーン袖オプション・キット購入)
生地:filer(エステル ヴィンテージブロード)


今年のハロウィンはどうしようか・・・・娘は魔女がいいというので、私も無難に魔女にすることに。


そんな考えから始まった型紙探しで、ドツボにはまったパターンに遭遇しました。

filerさんのゆるブラウス バルーン袖verです。

生地付きのキットで購入したのですが、売り切れたようなので型紙のリンクを貼っておきます。


これが基本形のゆるブラウス。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゆるブラウス型紙
価格:1296円(税込、送料別) (2016/11/5時点)




基本パターン+オプションのバルーン袖で作りました。





サンプル写真があまりに素敵だったので、キットを購入。届いてすぐに着手しました。

初めましての素材だったのと、洋裁はニット以外は苦手意識があるので、いつもより丁寧に縫い進めました。

工程自体は難しいことはあまりなく、しいて言えば裾の処理。


e0292987_2281445.jpg


これであっているのかなぁ・・・と思いながらも、縫い代もちゃんと隠れてくれましたので一安心。

裾はスリット入りのラウンドタイプ。

市販のものでも昨年から多く出ていますね。

フロントインするのに裾周りがもたつかないのでスリットが入っているととても便利です。

自分で着るなら・・・というレベルにはできたので十分十分。


e0292987_2291125.jpg


このバルーンスリーブは袖が2重になっていて、ゴムなどでギャザーをよせるやり方ではありません。

ギャザー寄せは好きな方なので、楽しく作りました。



流行が早く、生地代を考えると作るよりも買った方が安いということもあり、基本的に大人の服は買う派で、滅多に作らないのですが、

久々につくった大人服の達成感は大きいですね。


なによりこのエステルといいう生地。とろっとてろっと、繊細でいてとても肌触りがよい。

濃い色が合ったらぜひ欲しかった。


この洋服はゆるブラウスの別売り袖オプションタイプなのですが、ゆるブラウス自体は作っていません(キットには通常袖の型紙もついてきました。)



お見苦しいですが、着画です。


e0292987_2293193.jpg


薄手の透け感のある生地なのでインナーは必須。


生地の落ち感がキレイで、袖がボリューミーだけど、軽さがあります。

首回りも程よい開き具合で、丸顔には助かります。

デニムのワイドパンツに合わせています。



当初の目的は、ハロウィンに魔女の仮装がしたくて、黒い生地で作りたかったのです。

早速filerさんに問い合わせてどのような生地を選んだらいいのか聞いてみたところ「合繊系の薄手の生地がおすすめ」とお返事をいただきました。

大量の生地を要する時は頼りの手芸ナカムラさん。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラックフォーマル生地黒
価格:540円(税込、送料別) (2016/11/1時点)




ブラックフォーマル購入しました。目もほどほどに詰まっていて、透け感はあるものの、生地の薄さはギャザー寄せに向く薄手。

e0292987_22115732.jpg


なんとか完成したものの、ハロウィンまで期日がないこともあり、焦った結果、縫いずれを起こしてしまいました・・・・


e0292987_22121058.jpg

着れないほどではないので着ますが・・・・練習あるのみですね。

ハロウィンイベント当日はこの黒いトップスに、ジャーナルスタンダードの黒のワイドパンツ(形が秀逸!)、ハンドメイドの魔女帽子をかぶりました。


e0292987_22123215.jpg


被っている本人はわからないものですが、かなり目立っていたようで、更に娘も同じ帽子だったので、

親子だとすぐにわかるうえ、地元のハロウィンパレードに急きょ参加することになり、中途半端な魔女のコスプレで恥をさらしてきました・・・・・


あ、息子2人は作る気力がわかずH&Mのミイラと骸骨のトレーナーで手抜きしました・・・・


ら、来年こそは・・・・T▽T





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ子ども服ブログランキングに参加しています!1クリックが励みになります~~!^^

[PR]
by kyoukore | 2016-11-14 22:05 |   L トップス | Comments(0)

モノが少ないと暮らしやすい。今は少しずつモノを見極めて減らしているところです。時短家事や収納など暮らし全般に関することを考えるのも好きです。「aiguille」の作家名で子供服などの製作もしています。


by aya