今、いるトコロから kyokore.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

~ minneのお知らせ ~

夏に最適な水筒紐カバー、保冷剤ポケット付きランチベルトを販売中

ランドセル用キーケース、NEW生地でサニタリーケース追加しました^^

今季流行のクリアバッグにピッタリなインナーバッグ、完全受注生産販売開始しました。

aiguille販売ページへ

モノが少ないと暮らしやすい。今は少しずつモノを見極めて減らしているところです。時短家事や収納など暮らし全般に関することを考えるのも好きです。「aiguille」の作家名で子供服などの製作もしています。


by aya
プロフィールを見る

カテゴリ:  L時短家事(洗濯・掃除・収納)( 8 )



見えないからこそ放置してしまいがちな排水溝。

e0292987_10335198.jpg

ここ1か月、私は毎日掃除しています。


毎日掃除なんて大変!なんて以前の私も思っていました。



お風呂に入る順番は大抵私が最後です。



出る時に湯舟のお湯を抜き、浴槽内を石鹸で洗うまではすでに習慣が出来ていました。


そこに、『お湯がなくなるまでの間に排水溝を外して掃除する』をプラス。



毎日掃除していると、汚れってつかないんです。


ネットにある髪の毛などを捨てて、ブラシでざっと撫でておしまい。もちろん素手でも抵抗ないです。



これだけ簡単だとお湯がなくなるまでの時間が余ってしまうので、


『体を拭いたタオルで浴室内を簡単に拭く』 というものも習慣に。



軽く拭き上げたあとは24時間換気も稼働し、お風呂を出て2時間後くらいにはカラっとしています。


もちろん、ストレスにならないよう、体調不良や眠い時などはお休みしてもOKというゆるいルールも設けて。



掃除と身構えるから大変なのであって、習慣にくっつけてしまえばそれほど苦でもありません。


掃除が苦手な方こそ、ぜひ毎日掃除を取り入れてみてください。




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ登録を一部変更しました。ワンクリックが励みになります。


exblogさんの「もの、ごと」にお誘いいただきました。素敵なブログにも飛べますので是非是非。
インスタグラムもやっております。”aiguille_handwork”です。

[PR]
by kyoukore | 2018-05-26 10:33 |   L時短家事(洗濯・掃除・収納) | Comments(0)

夜洗濯をするので冬場は脱衣所で干してからベランダに運んでいます。

同じようにしている方にはお分かりいただけると思いますが、

冬にもなると衣類が厚くなり、重たいですよね。


話はちょっと変わりますが、我が家の浴室に窓はなく、入浴時以外24時間換気が常に回っている状態です。


お風呂に入れば当然浴室内はビショビショ、だけど24時間換気を付けておけば翌日にはカラッとしています。


あれだけの湿気が24時間換気システムだけで乾くのなら、


薄手の物なら浴室乾燥を使用しなくても乾くのではないか?少しでも楽できないかなと、早速実験です。


干すのは下着、旦那くんの肌着、靴下、ハンカチ、お弁当袋とランチマットなど、脱衣所とキッチンにしまうものです。



e0292987_13102663.jpg




朝・・・・化繊系インナーはすでに大丈夫。子どもの綿の下着にはまだ湿ってる状態。
正午・・・・綿の物もほぼ8割ほど乾いている状態。
夜・・・・お風呂にお湯を張る頃、全部乾燥(多分3時くらいには乾いてる)!


しまうのは歩横の脱衣所。なんて画期的!!!!乾燥機能を使用しなくても十分乾燥効果がありました


調子に乗って今はバスタオルなども干していますが、こちらもちゃんと乾きます。

子どもの綿の下着は広げて干すように工夫も必要ですが、注意するのはそれくらいです。


浴室のカビがどうなるか心配だったので、お風呂上がりの毎日の掃除や水気を拭きとる作業も新たに追加して対策をしています。


この方法を試してからおよそ3か月になりますが、今のところカビが増えたことも、においが気になるということもなく、


快適に過ごしております。何より往復する回数が減ったのと、しまう手間も省けたので、かなり負担が軽減され、快適で仕方がありません^^




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ登録を一部変更しました。ワンクリックが励みになります。


exblogさんの「もの、ごと」にお誘いいただきました。素敵なブログにも飛べますので是非是非。
インスタグラムもやっております。”aiguille_handwork”です。

[PR]
by kyoukore | 2018-04-18 13:06 |   L時短家事(洗濯・掃除・収納) | Comments(0)

常備菜を作っても家族が飽きて食べてくれない。

作ったことを忘れて腐らせてしまう。

リメイク料理が苦手。

常備菜づくりが長続きせずに、細やかなことをできない自分に嫌気がさすこともありました。

結局のところ行きついたのが、自分には常備菜づくりが向いていないと受け入れることでした。


その日その時の気分で食べたいもの作るほうが私には合っているんだと認めることで、気持ちが楽になったと思います。


・品数が少ないのが嫌だから、簡単に出来る一品料理を味方につける → 冷ややっこ、野菜を切っただけでもOK

・余りそうな食材が出たら、素材のまま冷凍なりカット野菜を作ってしまう → 次の料理が楽、使いまわせる

・多めに作ったら、タッパーに入れて冷凍し、一週間後に食卓に出す → 家族も飽きず、私も楽料理だけに限らず、どんな家事だってそう。


出来ないことを責めるのではなく、できない自分を認める。

出来ないことで何か支障が出るのなら、それ以外の方法はないか模索をする。

得意な家族に任せたり、外部発注をお願いしたり、今はサービスも拡充して選択肢も増えました。



どんなものにも、向き不向きはあるのだから。 もっと気軽にもっと身軽に。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ登録を一部変更しました。ワンクリックが励みになります。


exblogさんの「もの、ごと」にお誘いいただきました。素敵なブログにも飛べますので是非是非。
インスタグラムもやっております。”aiguille_handwork”です。

[PR]
by kyoukore | 2018-04-15 12:47 |   L時短家事(洗濯・掃除・収納) | Comments(0)

最近朝起きる時間は5時半。理想は5時。

1年ほど前は7時頃だったので、だいぶ早起きになってきています。


早起きにしたのは、幼稚園のバスをやめたことにあります。

小学生組が朝の8時頃に家を出るので、見送りついでに出発できるように身支度や家事の時間を調整していたら、この時間になりました。


起きてすぐに化粧とヘアセット。

毎日アイロンで巻くので、全部あわせて20分ほどです。


子どもが起きるまでの間、朝ごはんの用意だったり、本を読んだり、

調べ物をしたり、その日の予定を組んだり、ちょっとした自由時間です。



子どもが起きたら朝ごはんを準備し、食べて、ゆっくり子どもと話しながら準備をします。

私の物音がするのか、子どもも自然と早起きになり、本を読む余裕もあります。

私自身も、お休みのお友達の連絡帳を受け取るのもフルメイク、着替え済みで対応に慌てずに済むように(以前はすっぴん&部屋着対面があった!!)。


もちろん、ゴミ出しにもフルメイクで行けます。

8時に子どもと一緒に家を出て、8時半には家でお茶を飲めています。

お茶を飲んで一息ついたら、家の片付けや、汚れ具合に応じて掃除機をかけます。

本当は朝の6時にはそうじできる状態なのだけど、マンション住まいなので、そこは我慢します。

我慢できないときはほうきでゴミを集めて置いて吸うだけ、ということもします。



<朝の家事>
・前日の食洗機にかけたものを戻す
・朝食の準備と片付け( 具だくさんの汁物が定番、夕飯の分も多めに作る )
・掃除機をかける、ほうきで集める
・トイレついでに豆ピカで拭く

洗濯は夜に回しています。

旦那くんの作業服をその日のうちに洗いたくて夜洗濯になりました。

夜の家事は疲れもあるので、食洗機に手伝ってもらいます。食事の支度は夕飯に一番時間がかかりますが、

朝にたっぷり汁物を作ったり、冷ややっこや厚揚げなどの一品料理も取り入れつつ、更にはまとめカットや自家製冷凍野菜などを活用して、

なるべく1回1回の時間は短くなるようにしています。



<夜の家事>
・洗濯・リビングのリセット
・お風呂の掃除(お風呂から出る際、毎日なので汚れもたまらず数分)
・旦那くんのお弁当の準備

週末などは少しサイクルは変わりますが、それほど大きな変化はなく、今は子どももお小遣い目当てで手伝ってくれるので助かってます。

朝時間を設けて一番の変化は自分時間が増えたこと。


以前は子供を寝かせた後自分の時間を作っていましたが、今はその逆。

夜は疲れがたまって、何をするにも上手く頭は回らない。悩みがあるときは悪い方に考えてしまって気分が沈むこともあります。

朝早いと時間がたっぷりある気がするし、気持ちも前向き、頭もスッキリしているのです。

内容は同じでも、夜と朝では体力も、頭のスッキリ感も大きく異なります。

夜か朝、どちらで自分時間をとろうか迷ったら、朝を私はおすすめします。




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ登録を一部変更しました。ワンクリックが励みになります。


exblogさんの「もの、ごと」にお誘いいただきました。素敵なブログにも飛べますので是非是非。
インスタグラムもやっております。”aiguille_handwork”です。

[PR]
by kyoukore | 2018-04-01 11:26 |   L時短家事(洗濯・掃除・収納) | Comments(0)

6年ほど前のホームビデオを見ていて、旦那くんの着ているTシャツが今もあることに笑ってしまいました。

我が家の旦那くん、物にあまり執着しないタイプで滅多に買い物はしません

(10年前にプレゼントしたTシャツやデニムを未だに着てくれています。大変うれしいです。)


それでも毎日着用する肌着などは消耗も激しいので定期的に買い替えるのですが・・・

前のものもそのまま捨てずに入れています。

時々、処分を促してみるものの・・・4枚買っても処分2枚しか出てきません。


また、ある日は「歩いているうちに踵が脱げる!」と新しい靴下を購入新しいものを2足買って、踵が脱げる靴下もそのまま靴下入れに


何故捨てないの?と聞いてみると一言。「捨てるの苦手だから」

「では私が」 と、処分してしまえばいいのでしょうが、承諾なしに処分してしまっては怒りますよね。


捨てるのが苦手な人に 「不要なものを捨てたら、取り出しやすいし、快適だよ」 と、いくら説得しても聞く耳持たずで、

逆に 「お前は本当にたくさん買って、たくさん捨てるよな」 と返り討ちにあってしまうので(笑)強くは言えず。

( 厳密には捨てるのは極力避け、メルカリやリサイクルショップで手放しています。そして最近は言うほど買ってません・笑 )



なので、よれてしまった肌着、踵の脱げる靴下を出し、クローゼットの奥で保管してみました。


e0292987_11262783.jpg

枚数だけで回る、毎回選別しないのって楽!と分かれば、素直に手放してもらえるという計算です。

また、見えない場所にしまっているだけで、捨ててはいないので、「勝手に捨てた?」 のトラブルも回避できます。

実際、「捨てた?」とすぐに確認されましたが、 「奥にしまってあるから、もし必要だったらそこから取り出してね」 と伝えました。

しばらくすると、私が 「もうこれはいらないだろう」 と判断して袋に詰めたものが復活していたこともあったので、

本人なりに着心地のよさや、処分の基準があったのだと思います。



数を少なくすることで、目当ての物が見つけやすく、結果として減らした方が快適、と気づいたのか、


しばらくして、円満に捨てる(ウエスにする)ことが出来ました!



例え本人が捨てられない性格でも、家族が代行して整理する上で、一時保管はとても有効だったと思います。



選びやすくて、しまいやすい適量を家族にわかってもらうために、ワンクッション=一時保管。どうでしょう。




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ登録を一部変更しました。ワンクリックが励みになります。


exblogさんの「もの、ごと」にお誘いいただきました。素敵なブログにも飛べますので是非是非。
インスタグラムもやっております。”aiguille_handwork”です。

[PR]
by kyoukore | 2018-03-20 15:26 |   L時短家事(洗濯・掃除・収納) | Comments(0)

洗濯を楽にするためには、洗濯するものを意識して選ぶことです。


〇ウォッシャブルOKの洋服をチェックする


自宅でホームクリーニングできる素材の衣類を選ぶと楽。


特に子どもの衣類などはアウターも気軽に洗濯できるのがいいですよね。

e0292987_17212465.png
ユニクロのアウターは総じてウォッシャブル対応の物が多く、子どもがいる家庭にとってはありがたい機能が満載です。


キッズだけでなくウルトラライトダウンなども自宅で手洗いが出来るので、汚れを気にせず手軽に使えるのが魅力です。

ユニクロ以外にもホームケア可能な衣類などが各ブランドで出ています。

クリーニングの手間を省けるものを選ぶのも一つの手です。


〇洋服は買う時に洗濯のことまで考える

アイロンも苦手なので、形状記憶のワイシャツを選び、アイロン不要にしています。色別に洗うことはしたくないので、色落ちが心配な洋服は買いません。


〇靴下は全て同じにしてしまう

幼稚園に通う息子の靴下はユニクロの5足セットにしています。

私もスニーカーのソックスは無印のパンプスソックスを黒で統一して同じものを使用しています。

万が一穴が開いても、他のものと使うことができますし、何も考えずにペアにすることができます。

すべて同じ無地の紺ハイソックスに統一してしまうなどすると洗濯が楽になりますよ。

(毎日洗濯していても、片方だけ部屋の片隅に脱ぎ捨てられていたりして、同じタイミングでそろわないってこと、よくありますよね。うちだけ?)





生活スタイルや仕事の内容、家族構成などによって、各家庭色々な状況があるとは思います。

けれど、家事には正解はないのです。

自分が楽なら、それでよし。どうすればもっと楽になるかを意識して、

1つ1つ工程を見直していくと、どんな家事でも楽になる方法が見つかるように思います。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ登録を一部変更しました。ワンクリックが励みになります。
SNSの時代にブログにきてくださりありがとうございます。
インスタグラムもやっております。”aiguille_handwork”です。

[PR]
by kyoukore | 2017-12-22 17:04 |   L時短家事(洗濯・掃除・収納) | Comments(0)

洗濯の時短術


家事の中で苦手なのが、洗い物と洗濯です。

今年の6月、新しい洗濯機に変えたことで、洗濯時間の短縮化に成功。(45分→30分)

乾燥機能により雨の日や体調が悪い日は無理せず乾燥機に頼るなどして、かなり楽にはなってきました。


とはいえ、毎度毎度乾燥機を使用するのは電気代も気になります。

そこで、今までの洗濯方法を見直し、工夫を重ねた結果、「最近、楽になったな」と実感しているので、私の洗濯術を紹介したいと思います。


<洗濯スタート>

ネットに入れるものはネットに、旦那くんの作業着は粉(パン屋さんです)がついているので、

おふろの残り湯で数回ゆすいでから入れます。

それ以外はそのまま放り込んで通常洗濯モードで回します。



<洗濯機から取り出す>

洗濯機から取り出すときが一番大事です。

➀取り出しながらバサバサとはたいて皺を伸ばしてしまいます。
②干す内容と人別にざっくり分けて山にしていきます。

我が家の場合は、子供別、下着(子供のものも)、大人の衣類(ハンガー利用)大物(タオルやシーツ)で分けていきます。

この太字の2つが洗濯を楽にするポイントその1

e0292987_16522439.jpg


※この日は娘がお風呂に入るのが遅くて、翌日に回しました


<干す>

夏場はベランダでもいいのだけど、冬場は脱衣所で干してから外に持ち出します。

干すときは各個人の山ごとに。

個人別になっていますので、手に取った物ごとに干していくだけ。


e0292987_16522332.jpg

<取り込む>

ここで最初に山分けした効果がでてきます。

今まで取り込むとき「これは●●、これは〇〇・・・」と考えながら取り込んでいたのですが、それがなくなりました。

ここからここまでは〇〇の、こっちからこっちが●●のとすでに分かれているので、

外したものをそのままバケツに入れていくだけ。

個人ごとにまとまっているので、取り込むのを子ども自身に頼むときも取り忘れが一切なくなり、家事の負担がまた少し減りました。


e0292987_16545452.jpg


画像にはついていませんが、バケツのハンドルの部分に各子どものテーマカラー(赤、青、緑)の紐を結び付けて一目で判断できるようにしています。


子どもの衣類は各自しまうのですが、畳まずにそのまま放り込んでOKにしています。

大人の衣類、洗面所の下着、タオルは私がしまいます。

タオルや肌着などは取り込む時点で畳んでしまい、部屋に入ったらそのまま直行して各場所にしまいます。


以上が私の洗濯サイクルです。


リビングに一回置くとそのまま放置してしまうことが多かったので、流れるような作業で進めてしまうと楽です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ登録を一部変更しました。ワンクリックが励みになります。
SNSの時代にブログにきてくださりありがとうございます。
インスタグラムもやっております。”aiguille_handwork”です。

[PR]
by kyoukore | 2017-12-20 16:49 |   L時短家事(洗濯・掃除・収納) | Comments(0)

我が家の納戸には、レジャーに使うものがたっぷりと入っています。

レジャーに関するすべてのものが入っているので、何か必要なものがある場合は、そこだけを探せばよいとも言えます。

しかし・・・・先日。もっと使いやすい収納方法はないのかと、家の中をぐるぐるしていた時。




あれ・・・?ここ・・・・あまり使えていない??


ここもっと使いやすくならないかな??




と、引っ越してから3年間変わっていないかった場所の見直しをいくつかしました。




洗濯機の上のスペース。入居当初に自分で棚を作った場所です。



一番上は身長が低い私には使えず、実は常に空っぽの状態でした。


無理にものを詰め込む必要はない、空いているなら空いたままにしておこうとそのままでした。


ぎゅうぎゅうになっている納戸を見ながら 「こだわりすぎずにもっと使いやすいようにしよう」 と思い、即行動。


「納戸=レジャー関係全部を入れる」自分ルールを緩めました。納戸の一番いいスペースには毎年必ず行くスノボに関する道具をしまっていましたが、


これを移動させることに。

e0292987_06305508.jpg


「スノボ用品(板以外)のものだけ」と決めれば、全部持てばいいので考えないですみます。


ここに隙間があるからと別のものを入れてしまうと、私の場合把握できなくなってしまいます。


e0292987_10271121.jpg


カーテンをすればスッキリ中身も見えません。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コットンリネンキャンパスプリント マルチストライプ
価格:105円(税込、送料別) (2017/11/29時点)




使用したのはこちらの生地。端っこだけ色が違うのがかわいいかなと。


移動して空いた納戸のスペースには、お米や缶詰などのストック品をしまうことにしました。



e0292987_11170819.jpg
普段はお米のまとめ買いなどはしないのですが、今年から我が家もふるさと納税をはじめ、

親のふるさと納税も我が家に送付されるようになっているので、この場所が出来て一安心。


予備のスペースがある空間を用意しておくことで、急な荷物をしまっておける場所ができました。

ものをちょこちょこと移動するのはよくあることですが、今回は「モノの持ち方に関する意識」を含めての移動なのでちょこっと意味合いが異なります。

モノを管理しやすいように一カ所にまとめるということは、収納の方法としては有効な方法だと思います。


ですが、ずっとそのままではなく、自分の性格やスタイルに合わせて常に変化させていくことが大事です。

人は環境に慣れてしまうと、それが自分にとってはもう使いにくくなっていても、気づかず過ごしてしまうものです。


習慣になっているので、”不便”という意識もなく、同じ行動を繰り返しているのですね。


毎日使う物、触れるものこそ、本当にこの場所でいいのかなと見直してみること。



最初は完璧だった場所も、環境や生活スタイルによってその時々のベストが変化していくことがあります。




動かしてみたことで「前よりも使いやすくなった」となれば、それは今の自分のベスト。


そうやって少しずつ、機会を見ては家の中の収納を変えてみると、なんだか家全体の空気が流れるような気がします。










今日の年末おそうじプロジェクトは 「湯舟下の掃除」



e0292987_15295498.jpg

大掃除だけでなく、何となくにおいがこもっている気がしたら3か月に1回ほどお風呂の横のフタを外して掃除をしています。


e0292987_15295466.jpg

と言っても、手が届く場所をブラシでこすって、パッキンをハイターできれいにする程度なのですが・・・・


仕上げに冷水で奥まで水を流して終了。


定期点検の時「定期的に掃除してください。虫が発生することがあるので」と言われています。


本当は1か月に1回ほどするのが正しいお手入れなんだそうです。



時間はハイター放置時間を含めて30分。実質労働時間、10分。




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリ登録を一部変更しました。ワンクリックが励みになります。
SNSの時代にブログにきてくださりありがとうございます。
インスタグラムもやっております。”aiguille_handwork”です。

[PR]
by kyoukore | 2017-12-15 13:52 |   L時短家事(洗濯・掃除・収納) | Comments(2)